「はたらきたい。の哲学と実学」に行ってきた。

 ほぼ日×日経BPオンライン×リクルートの3コラボによる、「はたらきたい。の哲学と実学」というトークイベントに行ってきました。出演者はほぼ日の糸井重里さんと日経BPの渋谷和弘さんとFeelWorksの前川孝雄さんと就職ジャーナルの川上直哉さんでした。会場にいた学生は全体の1-2割くらいで、男女比はわかんないけどあまり差は無さそうでした。以下、メモしたことのまとめ。必ずしも時系列には沿ってないです。

■シュウカツ調査に見る学生の意識について。
・最新の求人倍率は2.14倍。但し社員1000人以上の大企業だと0.77倍、それ以下の中小企業では4.24倍。
・就職で重視する事柄についてのアンケートでは給与や福利厚生を重視する傾向がここ数年顕著。
・数年前までは人気企業ランキングTOP100までにベンチャー企業も見受けられたが、最近は大企業ばかりになった。
・給与や待遇を重視する傾向とはいえめちゃめちゃ稼ぎたいわけではなく、そこそこの給与がずっと欲しいという感じらしい。

■人気企業ランキングについて。
・学生の人気企業ランキングなんてイメージでしかないし誰が得するんだろうと思う。まあ今回調査したおとなの人気企業ランキングも、結局イメージなんだけど。
・おとなの人気企業ランキングを見ると、今の会社にどんな不満を持っているかが見えてくる。成長性とか、人事の公平性とか…。

■起業をするという選択肢。
・起業したいと思う人も実際する人も、20年前から数はそう変わってない。
・ていうか20年前には起業なんて言葉が無かった。考えも無かった。
・起業ブームが始まったのは98年。ほぼ日が始まったのも実は98年。
・ラーメン屋開業するのだって起業なのに、データに表れない。そういうのを含めたら起業してる人ってもっとずっと多いと思う。

■節目の35歳。
・スキルアップしたいとかキャリアアップしたいとか思うのは35歳までの人に多い。
・35までは社長になる!とか意気ってたのに、35を過ぎると先人の偉大さに気付き始める。
・仲間と一緒になんかやっていこうって思うようになったのは35を過ぎてからかもしれない。
・1人エリートセールスマンがいたとしても5人の凡人セールスマンの方がずっと稼ぐし。

■はたらくのに大事なこと。
・自分にとってのベスト3ニュースを考えると、自分が大切にしてることがわかると思う。
・人事の人って最低でも自分が一緒に働きたい人を探してる。いい奴が欲しい。
・中途の場合は加えて何ができるか?ということも重要。(でも社内の問題を解決したくて中途の人材を頼るけど、そういう問題って人材を見つけたくらいじゃそう解決しない、会社の構造的な問題だったりする。)
・もうちょっと頑張ったらできるなんてこと、普通できない。出来たときはよっぽど頑張ったか、ごまかしたか。
・できることをちゃんとできることの方がよっぽど大事。
・努力しろとか夢を持てとかくだらねえ。

■女性と消費者と公私混同の時代。
・今の世は作ったものが消費されるのが難しい時代。
・女性は働きながらもすれ違う人のアイテムもしっかりチェックしてたりする。そうやって自然とどんなものがいいものかって感覚を磨けている。
・消費のプロがビジネスのプロになる時代。だから女性の時代なんだ。
・だから変に平等を意識して男みたいな女を増やしても、ビジネスは成功しないだろう。むしろ女みたいな男を増やせばいい。

 こうして振り返ると、就職のことから起業のことからビジネスのことまで3コラボならではの展開だった。話の中で「就職は受験と違って答えがない」という話になっていたけれど、これには反論したくて仕方なかった。受験制度自体は数値化されて合否の答えが出るけど、どの大学に入るかということに答えはないし、まして全入時代の大学選びなんて就活とそう変わらない。とりあえず僕はこれまでの見聞きしたことを踏まえて、面白そうな滑り止め大学探しを弟に勧めてみようと思う。