Awesome City Clubがおシャレすぎて嫉妬する

Awesome City Club、Apple Musicでちょいちょいサジェストされるのでちょいちょい聞いてたら、最新リリースにキリンジのエイリアンズのカバーが入ってた。それで気になって、色々彼らに関する記事を読んでたら「ネオシティポップ」というキーワードがあって、そういう文脈で語られる人なのかーと興味津々でほかのアルバムも聴き始めた。

が、しかしあれだ。PVを見てるとキラキラしすぎて辛い。男の子も女の子もオシャレだ。かわいい。眩しい。僕の知ってるシティポップ界隈はもっとモテない側に近かった気がする。くそー、眩しい世界の人たちが僕の好きな感じの音楽を本当楽しそうにやってるよチキショウという感じ、Czecho no Republic以来だ。でも音を聴いてシティポップって言われるとあーわかるわかるって感じなんだよなー。いいなー。

Awesome City Clubが振り返り、明かす、実はピンチだった1年 – インタビュー : CINRA.NET

Awesome City Clubが語る、男女混成だから歌える新たな人間讃歌 – インタビュー : CINRA.NET

【インタビュー】Awesome City Club「こっちに来てくれれば絶対に幸せにできるから一緒にいこう!」 | BARKS

Awesome City Clubインタビュー 駆け抜けた2年間と、ベストアルバムに込めた思い | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

「これまでは“傾向と対策”でやってきたバンドだった」Awesome City Clubが語る、3rdアルバムでの明確な変化 – Real Sound|リアルサウンド

Awesome City Clubが見つけた明確な方向性「『逃げ恥』や『君の名は。』と同じ空気を作れたら」 – Real Sound|リアルサウンド

 

名前にCity付けちゃうシティ・ポップバンド『Awesome City Club』 – BASEMENT-TIMES