三次にてワニを食う。

2bc20080.jpg 三次の郷土料理、ワニ。ワニといってもクロコダイルでもアリゲーターでもなく、シャークである。海が遠い県北地方ではなかなか刺身で魚を食べることができなくて、腐りにくいサメは刺身に出来る魚として祭りや正月などおめでたい日のご馳走として食べられるようになったという。
サメは排尿器官が未発達で、体内に尿素が溜まっていて、その尿素由来のアンモニアがサメ肉を腐りにくくさせている。けれどもそのアンモニアのせいでサメ肉は臭い。臭いがキツくても、この地方では刺身にできる貴重な魚。まあこの辺は後から調べてわかったことだけど、臭いから食べれないなんて軽々しくは言えない。

臭みを消すためにしょうがとみょうがをもっさり添えていただきます。ていうか、全然臭みはなかった。普通のお刺身。厚めに身を切ってあったせいかちょっと歯ごたえがある?なんか淡白っていうよりちょっと脂がのってる?って感じでした。疑問形。