11月病。

 別名「秋冬病」とも。エネルギーに満ち溢れる夏が終わり、気温は下がり引きこもりがちでテンションも下がり内向的になり、読書したり映画を観たり1人でお酒を飲んだりしながらふと昔を思い出してノスタルジック、センチメンタルな気分になったり、突然自分を振り返ってみたりして、1人になりたくなったり人恋しくなったりそんな矛盾にまたヘコんだり。そんな秋冬に訪れる情緒不安定を「11月病」と勝手に呼んでいたら、意外と自分の周りには11月病患者が多いらしい。しかも僕より症状が酷い。

 まあそういう季節だし、僕は秋冬独特のこの感じをむしろ楽しんでいるのであんまし11月病を患っても問題視してないけれど、11月病に罹って本気でテンション下がっている人は、早急にそういう季節だしって割切ってしまう「処方」が必要だと思う。