鮭の白子を買ったものの…

3e92a920.jpg 食べ方が分からない。

 事の発端は早稲田の帰りにOXに寄って、しばらくは鍋にしようかと買い物をしていたときのこと。白子ってめちゃくちゃ高いんだなーと思ってたら、そのすぐ横にめちゃくちゃ安い白子が。高い白子はタラの白子で、安い白子はサケの白子らしい。なんかタラの3、4倍量があるのにタラの2、3杯安いサケの白子。いったいどんなもんなんだろうと思って買ってみた。

 1日で食べきれる量じゃないので、初日はとりあえず鍋に入れてみる。タラの白子とは全然違う。何なんだろうこれは。とにかく、イマイチ?

 どうにかしようと思って、オカンに電話してみたが、オカンも調理したことのない未知の食材らしかった。白子の天ぷらとかもあるよと言われ、たしかにタラの白子より遥かに天ぷらにはしやすそうだと思ったが、天ぷらは面倒いのでパス。

 あ、そうだ、ネットで検索すればいいじゃん。
 検索して見つけたのは『白子煮』。醤油とみりんと生姜で甘辛く煮るだけ。今書いてて気づいたけど、出汁の素入れ忘れたな。水でやっちゃった。そんな些細なミスが全然気にならないくらい、普通に美味しかった。結構しっかり煮ても大丈夫なんじゃん。

 どんな感じかというと、(パサパサ)レバー>サケ白子>タラ白子(クリーミー)って感じ。レバニラのレバーに近いけど、レバーほどパサパサしてない。外の皮がちょっと丈夫でぶりんぶりんしてるので、ぶりんぶりん→てろてろという、うーん、これはちょっと新しい食感かもしれない。

 調理の際には、予めスジを取り除いておくのがいいらしいです。なんか血っぽい赤いの残ってるし、エグそうだから取っておいて損は無さそう。

 さて、問題のサケ白子beforeはこちら。ちょっとグロい。
 10a98e16.jpg

 で、これが今日の晩御飯のキムチ鍋。特に本文と関係は無い。
 d774bb25.jpg