Google Chromeを使ったパソコンのリモート操作

遠隔地のパソコンをリモート操作するのに、兼ねてはTeamViewerを使っていたのだけど、リモート操作するPCの1つに会社のPCがあったせいか商用利用と判断され、無料で使えなくなってしまった。利用頻度はそれほど高くないので商用アカウントを取ってやるほどでもない。どうしたものかと調べていたら、Chromeでリモート操作ができるらしい。

Chromeの拡張機能として、WebストアからChrome Remote Desktopをインストールする。同じGoogleアカウントを利用しているPC同士がリモート操作できるようになる。それぞれのPCで決めたPINを入力すれば、次回以降はPINを入力しなくてもいい。

Chrome Remote Desktop – Chrome ウェブストア

ただし、当たり前だがリモート操作するためには、PCが起動していないといけない。スリープ状態ではリモート操作が使えないので、使いたい時に限って使えなかったりする。Wake on LANという機能を設定すれば、外からスリープ状態を解除できるらしいが、設定が面倒くさそうなので割愛。

詳しい操作やリスクについては@ITの下記記事をご覧ください。ご利用は慎重に。

外出先からPCをWebブラウザで遠隔操作、「Chromeリモートデスクトップ」入門 (1/2):Google Chrome完全ガイド – @IT