母校での教育実習は駄目…

 今日の読売新聞夕刊の記事によれば、中央教育審議会の専門家グループは母校実習を原則廃止にすべきだとの報告書を提出し、今夏に示す答申にもその旨が盛り込まれるそう。

 ちょうど教育実習シーズンで、附属に実習に行ってるミツルやズーさんを羨ましく思っていたので、このニュースは衝撃的であった。
 もともと先生になるつもりはないが、実習には結構憧れていて、でもウチの学科じゃ農業の先生にしかなれず母校実習ができないので教職もとらなかった。
 こうして改めて考えてみると、なんのための実習なんだろうと思った。僕が実習したいとか、母校でしたいとか、そんなワガママに付き合わされる生徒にしてみりゃいい迷惑だ。本当に教師を目指すのなら、母校実習でなくてもいいだろうし、私情に振り回されてるんならプロ失格だし。

 でもやっぱり、先生にならないんなら尚更附属で実習したかったなとも思ってしまう。