8時15分に。

 8時15分には、仮面ライダーカブトを見つつ、学校へ行く準備をしていた。先週くらいからそろそろだなあとは思っていたけれど、今朝になったら黙祷のことはすっかり忘れていた。

 黙祷したとかしないとか、黙祷は手段であって目的ではないと思うんだけど、なんか8月6日の8時15分という時間は、黙祷するための時間、ということになっている気がする。そう、僕は平和が原爆が云々というよりも、広島で生まれたんだし、広島の特別な時を共有するためにこの時間のことを覚えているんだと思う。平和への祈りよりも、郷土愛という方が正しい。

 これはこれでいいんじゃないかと思う。また軽はずみで考えたことだけど。