春ごはん。


 久しぶりに何の予定もない日だったので、久しぶりにしっかりご飯をつくって、友達をご招待した。主菜は春キャベツの和風ロールキャベツ。副菜にウドとアサツキのぬた和え、ウドの皮のきんぴら、菜の花のおひたし、ふきの青煮。ちょうヘルシー。

 レシピというか、作業過程を書いてみる。勘でつくってもそこそこ美味しかったので、これに勇気づけられたらご家庭でもお試しあそばせ。

(ウドの皮のきんぴら)
材料:ウドの皮、にんじん、白ごま 調味料:ごま油、唐辛子、お酒、めんつゆ
1.どこまでがウドの皮かよくわからないので、ピーラーで一回り皮的なものをむく。
2.むいた皮を千切りにし、水にさらしてアクをぬく。
3.ニンジンはちょっと太めの千切りにする。
4.ごま油+唐辛子1本を火にかける。油が熱くなったらニンジン投入。
5.ニンジンにそこそこ火が通ったら水を切ったウド皮を投入。
6.あんまり炒めたらシャキシャキ感がなくなりそうなので、お酒をちょっと入れて様子見。
7.お酒の水分が無くなった辺りでめんつゆを入れる。分量は勘。ウド皮がうっすら醤油色になるくらい。
8.めんつゆの水分が無くなった辺りで火を止める。白ごまを振ってきんぴらっぽくする。
感想:ごぼうのきんぴらみたいだけど、たまにウドのほろ苦さが感じられて良い。

(ウドとアサツキのぬた和え)
材料:ウド、アサツキ(万能ネギでok) 調味料:味噌、酢、砂糖
1.アサツキは根っこのとこだけ切ってさっと茹でる。根の辺りはとろっとさせたいので根の方だけ先にお湯につけて、我慢できなくなったら葉の方もお湯の中へ。
2.ざるにあけて冷水にさらして、ぎゅぎゅっと握って水を絞る。
3.皮をむいたウドは5cmくらいに切って、縦2つに切って、薄切りにして酢水につけてアクを抜く。
4.酢味噌は味噌3:砂糖1:酢2くらいを混ぜてつくる。僕の好みで砂糖控えめ、酢多め。からしはお好みで。
5.水を切ったウドとアサツキをボウルに入れて、酢味噌と混ぜる。
感想:酢味噌と混ぜてしばらくすると水がかなり出るので、落ち着いてから盛りつけた方がいいかも。

(ふきの青煮)
材料:ふき 調味料:めんつゆ、かつおぶし
1.ふきは鍋に入る長さに切って、塩を振ってまな板の上でゴロゴロする。
2.そのままお湯の中へ投入。デカいフライパンがあればそっちで茹でたほうがいいかも。あんまり茹でるとシャキシャキしないけど、ちゃんと茹でないと青臭さが残りすぎる。雰囲気。
3.ふきを冷水にさらして、皮をむく。根元の方からむくとむきやすい。全部皮がむけたかわかりにくいのが曲者。
4.皮をむいたふきを5cmくらいに切りそろえる。
5.薄めためんつゆを火にかけ、沸騰したらふきを投入。
6.再び沸騰したらかつおぶしを入れる。必殺追いがつお。気が済んだら火を止める。
7.そのまま冷まして、粗熱がとれたら冷蔵庫へ。あとは食べたくなったら食べる。
感想:必殺追いがつお最強。1日ほっといたらしっかり味がしみこんでて完璧。

(菜の花のおひたし)
材料:菜の花 調味料:めんつゆ
1.菜の花は根元をちょこっと切ってお湯の中へ。これも元の方から茹でたい。
2.ざるにあけて冷水にさらして、ぎゅぎゅっと握って水をしぼる。
3.薄めためんつゆに浸して冷蔵庫に。あとは食べたくなったら食べる。
感想:ふきより個性が感じられなかったので、急遽カリカリ油揚げを追加した。やっぱり当初狙ってた南蛮漬け風にした方がよかったかなあ。

(和風ロールキャベツ)
材料:合い挽き肉、しいたけ、たまねぎ、キャベツ 調味料:だし、塩、しょうゆ、片栗粉
1.キャベツは芯をくりぬいて、丸々鍋に入れて火にかける。芯の方を下に。
2.茹ですぎても問題無い。茹でたら鍋に冷水をじゃんじゃんかけて冷ます。
3.巻きやすそうな葉を選別。芯をそぎおとしておく。規格外の葉はみじん切りにしてぎゅぎゅっと握って水をきる。
4.玉ねぎをみじん切りにする。分量は規格外キャベツの量と相談する。
5.合い挽き肉に味付けする。塩こしょう、ごま油、しょうゆ、酒、ナツメグとか。
6.合い挽き肉と玉ねぎ、キャベツのみじん切りを混ぜる。野菜が多すぎて固まりそうになかったら片栗粉でなんとかする。
7.キャベツで巻いていく。巻く時は芯の方から。ようじ要らずの巻き方がうまく行かなかったので、結局串刺しにして葉をとめる。
8.和風なスープをつくる。濃いめのだしを塩で引き立てて、しょうゆは控えめに。
9.より和風っぽくするために薄切りしいたけを加える。残ってたにんじんも入れた。残ったキャベツや玉ねぎを入れても良い。
10.スープが沸騰したら串刺しロールキャベツを投入。葉が下にくるようにしないとお湯のぶくぶくに攻められて中身があらわになるので注意。
11.最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。
感想:最初はトマトベースの洋風にするつもりだったが、ほかの料理に合わせるため和風にしてみた。無事に和風になってよかった。お陰でスープを洋風っぽくするために買ったマッシュルームが残ってしまった。