細かい仕事が好きなわけではない。

いよいよマンションを売るんだけどね、全く物件資料が整っていない。あんまりなので下っ端の地位を利用して、自分の勉強という名目で物件シートの様式を作って、そこに情報をまとめていったんだけど、元データが不完全だからシートもきちんと埋まらない。ちゃんと埋めようと思ってももう時間が無いから無理だよね。

色々調べてたら名前や定義も全部曖昧なのよ。例えば「さくらがおか」って住所の表記がデータによって「桜ヶ丘」「桜ケ丘」「桜丘」とバラバラ。専有面積の表示も壁芯と公募がごちゃごちゃになっている。

こういうのをまとめると細かい作業が得意なんだねとかよくわからない評価を受けるんだけど、そうじゃないでしょ。例えばテレビで物件を紹介してくれる時に、物件名を教えてくださいって言われた時に困るじゃん。お客さんに広さを聞かれて物件シートと違う数字言ったら信用してもらえないじゃん。カッコつけた言い方すると、プロとして当然のことでしょ。マメとかズボラとか言う人はプロ意識に欠けてるんじゃないの、と思うが口には出さない。

僕がデータまとめるのは、それ自体が目的じゃなくて、それを材料にして次の手を考えるのが目的なんだけど、単にデータまとめが好きな奴としか思われてないんだったらバックヤードに爆弾残して逃げてやる。幸い直属の上司はデータ整備のその先を見越してくれているので、僕も安心してデータ構築に専念できている。