専属より専任が欲しい仲介屋。

この前不動産仲介のセミナーを受けてきて面白いなあと思った話。

その講師の仲介屋さんは、売主と専属専任より専任で媒介契約を結ぶという。素人目に考えると、専任なら売主自ら客付けすることもできるので自分が仲介できない可能性があるのに対し、専属なら売主も客付けはできないので確実に手数料をとれる専属で媒介契約を結んだ方がいいように思う。

専任の方が美味しい理由、それは専属だと契約後5日以内にレインズに登録しないといけないが、専任なら7日以内にレインズに登録すればよく、この2日間の差が大きいからだそうだ。

個人の売主は平日仕事をしているので、土日に話をまとめることが多い。すると専任の場合、レインズ登録期限の7日のうちに、一度は土日がやってくる。この土日でオープンハウスを行うなど客付け営業を頑張って売買を決めてしまえば、両手で手数料をもらうことができるのだ。レインズに登録して情報が流通してしまうと、客付け業者が動き出して、分かれになる確率がぐっと増す。なので、専属契約で売主側の手数料を確実にすることよりも、専任契約で両手で手数料を稼ぐチャンスを作ることに賭けようというのだ。打率よりホームランというわけだ。

とはいえ、これはおそらくマンションとか戸建てとか、個人間仲介となる中古住宅ならではの話だと思う。オフィスとか工場とかになってくると、手数料率を下げてでも専属をとるような話を聞く。それは中古住宅に比べて金額が圧倒的に大きく片手でも数百万~数千万の手数料になるからだろう。物件の性質や金額によって、考え方は様々だ。