長岡花火大会に地元の誇りを見た。

IMG_1681友達の強力な誘いもあって、長岡の花火大会に行ってきた。日本三大花火のひとつということで、とにかく凄いから来いと。地元力を発揮して桟敷席を確保してもらったので、色々買い込んでベストアングルから観賞。そういえば花火大会に来たのも随分久しぶりだ。たぶん5年くらい見に行って無い気がする。

花火は当然にすごいんだけど、何より感心したのは、一発に込めるメッセージがすごい。打ち上げる前に必ずスポンサーのメッセージがアナウンスされるのだけど、◯◯先生退官おめでとう!卒業生一同みたいなアナウンスの後で打ち上がる花火の見事なこと。ちょっと待て退官記念にいくらかかってるんだと。他の花火も地元企業とかがスポンサーで、いやいやこんな派手な花火打ち上げたら御社の利益吹き飛ぶんじゃねーのってくらい、盛大な花火ばかり。

これは本当に凄いことだ。長岡の人たちはこの長岡花火で俺たちの花火を打ち上げることを、最高の誇りとしているんだろう。また来年も打ち上げられるように、頑張って稼がなきゃと今日からまた働くのだろう。あれだけの花火をあげるために、どれだけ稼がなきゃいけんのだ。それも東京じゃなくて長岡なんて北陸の片田舎でだよ。そりゃ誇らしいよ、納得の日本一だよ。

そうだ、それに比べれば、長岡まで往復5万の交通費なんて、ちっぽけなもんじゃないか。改めて乗換案内でその金額を見てしまって、新幹線の中で愕然としている。