納税証明をオンライン請求してササッと受け取る。

納税証明書を取りに税務署に行ったらめちゃくちゃ混んでいた。なるほど給付金関係で納税証明がいる場合があるのか。で、納税証明のオンライン請求だけなら、面倒な準備しなくてもできるらしいので、やってみた。

e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たって|e-Tax

いきなり手順4に進んで事前準備セットアップを済ませる。Chromeは対応してないらしいので、Edgeでアクセスして拡張アプリをダウンロードして有効にせよと言われるので指示に従う。

メインメニュー SE00S010 国税電子申告・納税システム

Edgeでアクセスして動作確認に全部○が出てさあ始めようと思ったら、開始届出書の登録をする必要がある。僕の場合は途中まで入力してこれは・・・と思い税理士さんに確認したらやはり登録済だった。税理士さんから利用者識別番号と暗証番号を教えてもらう。

ログインしてさあ今度こそと思ったら、利用者情報を登録する必要がある。開始届出書の登録をしたら同時に済みそうだけど。晴れて申請画面へ進む。

新規作成→納税証明書の交付請求→来署予定日を入力して、ほしい証明書を選択してシステムへ送信したら、あとは指定した税務署へ撮りに行けばいいらしい。このように請求すれば税務署で番号票持って待つ時間が無くなる。

うん、まあまあ面倒だったけど、電子証明書の取得がいらないから手順さえ踏めば何も用意しないでも請求まで進めるから、まあ、いいか。

こんなシステム普通の人は滅多に使わないだろうから、登録した識別番号とか暗証番号とか、控えてちゃんと保管しておきましょう。