重力ピエロ。

重力ピエロ (新潮文庫) 半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描か […]

もっと読む

結局は、いかにして生きていくかという話。

■自分にとって大切なこと。  『自分が楽しいと思ったことを周りの人にも楽しいと思ってもらえること』。これが僕にとって一番大切なことだ。だからネットで見つけたものとかをブログで紹介しようとするし、自分が全然練習できてなくて […]

もっと読む

はたらきたい。

 先週NBonlineで就活に関する記事を見つけてから、その動向を追っている。就活若しくは働くことをテーマにした連載が複数企画されている。 ・おとなの人気企業ランキング ・就活戦線異状なし ・2年目女子ですが、いいですか […]

もっと読む

最終学年の必読書―夜のピクニック

 いやー、夜のピクニックがね、面白すぎたので別エントリーで。 『夜のピクニック』恩田陸←粗筋はこちらから。 ・大学4年という今の時期に読んだのが良かった。舞台は高3最後の学校行事「歩行祭」の1日なので、基本的には体育祭と […]

もっと読む

時生

 キャシャーンを見た後と今朝の2回に分けて、昨日買ってきた東野圭吾の『時生』を読んだ。余命幾許も無い息子の意識が回復するのを待つ夫婦、その旦那さんが徐に、まだ二人が結婚するよりずっと前に息子に逢ったって話を語り始めた、と […]

もっと読む