見知らぬ飲み会。

 今日も早々に退社したものの、高木正勝のレイトショーが最終日なので観に行こうかなと思い、時間までスタバで時間を潰していた。で、そろそろ行こうかなという時に何となくmixiを確認したら、全然知らない人からメッセージがきていた。

「はじめまして!突然ですが今日の21時から飲み会やるんで、良かったら一緒に盛り上がりませんか?」

 何故だか最近こういうメッセージがちょくちょく来るようになり、オールスルーしていたのだけど、何となく今日は行く気になった。一応送り主のプロフィールとか確認して、怖そうな人じゃなさそうなことを確認して、

「はじめまして、せっかくなので行ってみようと思います。お店の場所を教えてください。」

 いやほんと、行くまではめっちゃ不安だったわ。ボコボコにされたりしないかなとか、ベロベロにされて財布抜かれたりせんかなとか、僕以外はみんなグルで笑われたりせんかなとか、ありとあらゆる駄目なパターンを想像しつつ、まあそれならそれでネタにすればいいかと腹を括って行ったら、なんと楽しい飲み会だった。

 僕はいつも通り、珍しい名字と永遠の27歳という2枚看板ネタで過ごした。けど今日の飲み会は何となく色んな人と話して、名前と顔覚えて、何人かとは連絡先も交換するほど、何だか親密な飲みだった。やっぱりそれなりにリスクを覚悟してでも飛び込んでいかないことには見返りもないのだ。今日の集まりにはまた参加してみたいと思った、そんな楽しい飲み会だった。