口蹄疫をダシにマスコミを批判する人って。

昨日の会見書き起こしについて、1日経っての感想です。

・東国原知事「寝てない!けんか売ってんのか!」 大荒れ記者会見 – MSN産経ニュース
この記事がいかにも印象操作っぽい記事だということで、怪しい部分をテキスト起こしした方のブログがあっという間にはてなブックマークの人気エントリーになりました。2chまとめブログでもとりあげられています。

東国原知事「寝てない!けんか売ってんのか!」 大荒れ記者会見書き起こし – 一平の雑記録
ところが、このエントリーやまとめブログにコメントを寄せている人たちの多くは、マスコミ批判をしているわけです。え、なんでそうなるの?と思わずにはいられない。

はてなブックマーク – 東国原知事「寝てない!けんか売ってんのか!」 大荒れ記者会見かきおこし – 一平の雑記録
一方的に東国原がキレてるように報道されてるけど、取材書き起こしを見るとマスゴミが酷過ぎる:アルファルファモザイク
マスコミ批判のコメントは大きく3種類に分かれます。1つ目は印象操作するような記事を書くマスコミ全体を批判するコメント、2つめは現地のことも知らないのに変な記事を書き立てる中央メディアを批判コメント、そして3つめは知事にけんかを売っていたようにみえる南九州新聞の記者を批判するコメントです。私は2つめの産経が酷いということには同じ意見だけれど、南九州新聞は産経ほど酷いとは思わないし、ましてやマスコミ全体が駄目だなんて、この会見のやりとり全体を見ればそうは思いません。

南九州新聞の記者は横柄な態度で煽るような質問の仕方をして、その姿勢は気に入らないけれど、別にものを知らなさすぎるとは思いませんでした。知ってることを色々すっ飛ばして、きっと言質を取りたくて全頭処分かワクチンかって迫るからけんか売ってるみたいな話になっただけで、批判されるべきは記者としての質問姿勢だと思う。記者としてじゃなくても、こんないやらしい話し方をする人とは話したくないという、それだけの話。

私はこの会見を聞いて、知事が今回の非常事態宣言を「当事者以外にも周知協力をお願いするレベル」のものと言っている点が、どうも伝わりにくいのではと感じました。非常事態宣言と聞いてどんなことを想像しますか?映画の見過ぎかもしれませんけど、市民の外出を禁止するようなもののように最初は思いました。でも、そういうことじゃないんだよ、これはあくまでお願いするレベルなんだよ、だって強制力を発動する為には色々と準備がいるからね、ということを知事は言ってるんだけど、結局この宣言がされて何がどうなるのかよくわからない、それでマスコミ各社はこの点について色々と質問をしたんだと思います。

・すべての車が消毒ポイントで消毒を受けなきゃいけないの?
・消毒体制の用意って県が予算とか出してくれるの?
・外出を自粛って農家の子供が学校に行ったり会社に行ったりするのは駄目なの?
・イベントの延期や自粛したときの費用負担は?
・多くの高校生が頑張ってきた県総体は中止になるの?

この質問内容を聞いて、別にマスゴミだと思わないでしょ?この宣言を受けて住民は何をすればいいのか、県はどこまでしてくれるのか、曖昧な点を明確にしようとしていて、さすが地元メディアだなと思いました。ところが知事の答えは歯切れが悪い。強制はできないので、あくまでお願いのレベルです、ですから予算もつきません、そこは準備しているところです、と。

じゃあ結局この宣言は何なんだろう、次の一手を打つ為の布石ってこと?次の一手、いよいよ全頭処分かワクチンが現実的になってきたってことか・・・、そういう風にとらえていいんですよねってことで、ニュアンス言質をとるために、知事を怒らせるようなやりとりになったんじゃないでしょうか。そう思うと、けんかを売るような態度も繰り返し同じような質問することも、仕方ないんじゃないかと思うんです。

これだからマスコミは!なんて批判してる人たちは、会見の一部をあげつらうような記事を書いて真実をねじ曲げるマスゴミはけしからん、やっぱり一次ソースをあたるのは大事だとか言ってる。けどそういうあんたたちだって、書き起こされた会見の一部を読んだだけでマスゴミとか言ってんじゃん。その姿勢はあなた方が批判してるマスゴミと何ら変わらないよと言いたい。

こういう人たちは結局マスコミを批判したいだけで、口蹄疫の被害を受けてる当事者のことなんか結局どうでもいいんだろうと思う。この問題を政局に利用しようとする人たちも勘弁してほしい。