Green Island Project.

Green Island
 先週国立新美術館で行われていた文化庁メディア芸術祭にも展示されていたこの作品(知ったのは展示が終わった次の日だった)。もしも道路が芝生になったら、いつもの街の風景はどんな風に見えるだろう?そんな世界を写真加工で実現してしまおうという作品。視覚的にインパクトがあるので、結構反響を呼んでいるみたいだけど、この作品の面白いところは写真じゃない。

 ていうか、道路が芝生だったらとか、それを写真加工してみましたとか、そのこと自体はそんなに目新しいことではない。きっと建築の課題とかで先生に鼻で笑われそうなネタだ。

 発想としても技術的にも大したことしてないからこそ、みんなでこんな空想をしませんか?というところがこの作品の肝だと思う。これだけでも一般の人には大きな訴求力があるんだから、もっとたくさんのクリエーターが参加すれば、ムーヴメントにすることだって可能だ・・・とまでは思ってないかもしれないけれど。

 ちょうど自分はフォトショ本を積んだままになっていたので、これを機会にフォトショの使い方を勉強してみようかなと思った。道路の芝生化もいいけど、もし看板が全く無くなったらとか、もし銀座の街が総レンガ造りだったらとかも楽しそうだ。