広島市における新型コロナの感染状況ステージを定量的に把握したい

新型コロナの大きな波がまたやってきた。広島でも日々感染者が増加している。すぐ自粛するのは手堅いけれど、なんとなくで自粛してしまうと、元に戻すことがまた難しい。市内の感染拡大状況を数字で把握して、自分の中に何かルールを作ることはできないだろうか。そこで広島市の公表資料をもとに、広島市の感染状況を把握するスプレッドシートを作った。

広島市の新型コロナウィルス感染状況ステージ参考指標

感染ステージ3や4は都道府県に共通した指標がある。しかし、10万人あたりの感染者数などは県人口を基準にしてしまうとおよそステージ3には到達しそうにない。市内の状況と実感が違いすぎる。市内に限ってデータを整理した結果、昨日時点での感染者数は10万人あたり14.0人と、ステージ3基準に肉薄している。こうやって数字で状況を目の当たりにすると、色々な行事を諦める決断をしなければいけないんだなと思うようになった。

市はcsvデータを公開してるのだけど、プレスリリースしている属性情報まで入力が無いので、そのcsvを元に市立大学の研究室が作ったデータサイトでは感染拡大状況がイマイチわからない。しばらくこの手作りスプレッドシートは更新して市内のコロナのことを把握していこう。

県内の感染動向 | 広島県 新型コロナウイルス感染症データサイト[公式]

広島市内の最新感染動向 | 広島市 新型コロナウイルス感染症 情報まとめサイト