車の練習がてら関ヶ原と養老に行ってきた。

DSC00144

車の練習するよ!第2弾!開発部門へ異動が決まって仕事で運転するのは最早避けられない状況になったので、慌てて練習に行ってきたよ。前回1人で運転したときは何だかんだで結構しんどかったので、今回は友達に同乗してもらったよ。


何処に行くかは特に決めてなかったんだけど、都会からは離れたいよねということで、今回は関ヶ原へ。関ヶ原といえば、なんと言っても関ヶ原ウォーランド。珍名所マニアなら一度は行ってみたい素敵な公園(入場料がいるよ!)だ。

DSC00141 DSC00149

そんなに広い公園ではないんだけど、こんな感じで至る所に手作りの人形が置かれている。かっこいい兜をしている人は大体有名な人みたいで名前の札が刺さってるんだけど、歴史オンチの私にはさっぱり。むしろこれを機会に日本史を勉強し直すのもいいなと思った。

DSC00153 DSC00155

表情が微妙なのもいれば腕が折れちゃってるのもいて、1体ごとのクオリティはそう高くないんだけど、これだけ量産されると結構迫力がある。陣地を再現しているところはシーンでバチッと格好いいし、合戦場は色んな場所から色んな見え方があって面白い。とはいえ人形の据える場所はもう少しカメラのことを考えてくれても良かったかなとか思う。

DSC00143

ほら何かだんだん格好良く見えてくるでしょう。それにしてもこのウォーランドは団体客が少なくないようで、100人くらい収容できそうな研修館があった。そういう感じのとこじゃ無さそうなのに。何故か戦国時代の軍隊と陸軍を比較していたり、必殺の決め台詞「ノーモア関ヶ原じゃ!」が色んなところで押し出されてたりするし。人形と一緒にポーズをとって写真撮りたくなるし、ぜひお友達と一緒に来てみてください。

DSC00159

あとウォーランドのそばにあるご飯屋さんは、本当に大盛りな大盛りが出てきて、お腹いっぱいになった。

まだまだ時間もあるし、ほかにも何処か行こうということになって、これまた行ってみたかった養老天命反転地へ。これまた彫刻+公園といった感じの場所で、五感を狂わすという触れ込みの場所だ。

DSC00161 DSC00163

スケール感がなかなか伝わりづらいんだけど、こんな構造物がズンズン生えている。で、何だここはと言いながら坂をずんずん上っていくと、初めて反転地の全容が明らかになる。

DSC00167

坂を登り切ったところでこの画を目の当たりにして、おおーって声を上げてしまった。写真で見てもそう広くなさそうに見えるけど、この中を実際に探索するのはかなり骨が折れる。気がついたらシャツは汗で濡れていた。

最初は気になるところを気の向くままに探索して、その後パンフレットを見て色々気づいたところをもう一度見て回って、ヘロヘロになったので終わりということにした。ケンチク系の子が好きそうな、モチーフがいろいろな形で繰り返されるというようなことが随所でなされているので、ヘロヘロになっても探索したくなること間違いなし。あと、ここは男2人で来るようなところじゃないね、女の子と来るべきところだわ。

 

その後は「下道だけでカーナビを使わずに名古屋まで帰ろう」というルールで、結局桑名の方まで遠回りしながら名古屋に戻った。今回のドライブは、距離的にはそう大したことなかったけど、帰りは渋滞に遭遇してそれなりにぐったりした。バックで駐車するのもまあまあ慣れてきたし、次からはお守り代わりだった初心者マークはもうやめようかな。